忍者ブログ
ちょいエロなお宝写真集の話題

人気コンテンツ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「Sunny ~ RISA HIRAKO & ADO MIZUMORI」の~【2011-03-18発売】です。
著者:平子 理沙
発売日:2011-03-18
出版社:メディアファクトリー

 



「Sunny ~ RISA HIRAKO & ADO MIZUMORI ~【2011-03-18発売】」の良くある質問 by Yahoo!知恵袋
Q.先週平子理沙さんくらいのロングヘアから、パフュームののっちくらいのショートボブに髪の毛を切りました。今となっては凄く後悔をしているのですが、この髪の毛の長さにエクステはつけられるでしょうか?また、もとのロングヘアになるまでには最低でもどのくらいの期間がかかると思われますか?早く髪の毛が伸びて欲しいです(T_T)
A.ショートボブとの事ですが・・・エクステ・・・は、長さ的にはつける事は可能かもしれませんが、スタイル的に無理があるかもしれません。ボブスタイルなら、段(レイヤー)を入れずに、長さを揃えて厚みを残してあると思います。そこにエクステをするとなると、同じだけの厚みを出す・・・よっぽどたくさんのエクステをする・・それって、逆に毛根に負担がかかり、抜け毛、切れ毛の原因になるのでは・・・そこまでのリスクをおかしてまで一時的にロングヘアーにするより、傷まないようにきれいに伸ばしていかれる方がいいと思います。傷んでしまうと、せっかく伸びたのに、パサついたり、枝毛、切れ毛になったり、まとまりが悪くなったりで、カットしたくなりますよね。私は美容師ですが、もしお客様からそのような相談があれば、このようにアドバイスをすると思います。ロングヘアになるまでの期間ですが、基本的に髪の毛は一ヶ月に1cm程度伸びるので、一年で10cm~伸びると思います。
Q.平子理沙って実物は歳相応の肌って本当ですか?
A.本当ではありません。何度もお会いしていますが、至近距離から見ても毛穴レスでぷりぷりつやつやほっぺですよ。特別色白と言うわけではありませんが、ファンデーションで作りこんだ人工的な肌ではなく、素肌の美しさだとわかる質感でした。他のモデルさんは一部、肌荒れがひどい方もいらっしゃるのは事実ですが、平子さんは本当に美しいし、人柄も良いですよ。
Q.年齢に対して若すぎるファッションをする人が増えたように思います。30代、40代で梨花さんや平子理沙さんのようなファッションなど、珍しくなくなりました。梨花さんや、平子さんは、年齢を感じさせない可愛らしさがあり、ファッションが大好きな女性が憧れるのはわかるのですが、あれは販売年齢層を広げたい服飾メーカーの戦略であり、世間一般の感覚からすると、かけ離れている部分が大きいと思います。私は、いくつになっても美しくありたい、綺麗に装うという気持ちには前向きな気持ちが感じられて好きなのですが、結果として「痛くなってしまう」人と、「○○歳?信じられない、格好いい!」人に別れてしまうのを不思議に思っています。この違いをわかりやすく説明してください。
A.ただ若い子と同じメイク、ファッションをしている人と、自分と向き合って隠すべきところと足すところ、似合う物、きれいに見せてくれる物をちゃんと知っている人の違いがまずあると思います。前者だと若い子と比べられてかえって無理があるなと感じてしまうかもしれませんが、後者なら若い格好も似合うけれどうわついた感じのない、洗練された印象を持つのではないでしょうか。次に内面です。平子さんや梨花さんだって確かに年相応なところはあるんですが、まず美しくあろうという意気込みが違うし、かけられるお金も違いますよね。しかし修正の入らないところでも無理なく見えるのは、やはり人間的魅力や心の若さが確実に関係していると思います。



[関連タグ]


 平子理沙

 平子理沙 浮気

 平子理沙 子供

 平子理沙 年齢

 平子理沙 いいとも

 平子理沙 画像

 平子理沙 体重

 平子理沙 化粧品

 平子理沙 旦那

 平子理沙 ブログ

 平子理沙 髪型

PR
ピックアップ写真

  • SEOブログパーツ
【Links】

【ネット予約がお得な宿】
箱根の宿  湯布院温泉の宿 (由布院温泉の宿草津温泉の宿  志摩の宿  城崎温泉の宿  下呂温泉の宿  別府温泉の宿  熱海の民宿  伊豆諸島の宿 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]